やんちゃでかわいい!懐きやすい猫の柄7選

○○な猫特集

猫の毛色で性格に傾向がみられると言われますが、人懐っこい猫の毛柄ってあるのでしょうか?
今回は、活発で人懐っこいと言われる猫のタイプをご紹介します。

注)猫の性格には個体差もあり、懐くかどうかは人の接し方も重要です。

人懐っこい猫の毛色や柄 7選

①茶トラ

明るいオレンジブラウンをベースに、こげ茶やブラウンのしま模様が入るのが茶トラです。

よく言われる性格は、「成猫になってもいつまでも甘えん坊」ということです。
抱き上げられるのが苦手な猫が多い中で、茶トラには自分から抱っこをせがむような子もいます。
体が大きくなってもいつまでも子猫のような無邪気な姿を見せてくれるので、家族全員をメロメロにしてしまうような魅力があるのです。

また、家族だけでなく、初対面の他人に対しても自分から寄っていきます。
野良猫の茶トラでも人にお腹を見せてくることがあるくらいだそうです。
他の猫とも仲良くできるので、多頭飼いに向いていると言えますね。

ちなみに茶トラは、遺伝子の影響でオスが多いです。
そのため、オスの特徴であるやんちゃで子供らしい性格が目立つのかもしれませんね。

②黒

その名の通り、黒一色の黒猫です。
見た目はミステリアスでクールな印象ですが、実は人への警戒心が薄く、フレンドリーな性格と言われます。
そのためか、野良でも群れていることが多いのだとか。
頭が良く、空気を読むことも上手で、初対面でもスリスリと体を擦りつけてくるようなあざとさも持ち合わせています。
中には、犬のように芸を覚えたりする子もいて、好奇心が旺盛で動くものにとても敏感なタイプです。

③クラシックタビー(アメショ柄)

アメリカンショートヘアで知られる「クラシックタビー」という柄は、横っ腹にうずまきのようなしま模様があるのが特徴です。
カラーは何種類もあるのですが、詳細ない色や模様についてはこちらの動画でご紹介しています。

この柄の猫は、ネズミ捕りが得意で、「ワーキングキャット」という別名を持ちます。
活発で明るくたくましく、物怖じしない性格ですよ。
遊び方もパワフルなので、人間側も体力が必要になってきそうですね。

④ポインテッド(シャム柄)

シャム猫やシャムミックスのような、ポインテッド柄は、顔や耳・しっぽや足先に茶色やグレーっぽいグラデーションカラーがついているのが特徴で、ブルーの瞳が印象的です。

その性格は、甘えん坊で喜怒哀楽が激しく、愛情表現も情熱的だと言われます。
スキンシップも大好きで、飼い主の膝や肩に乗り、べったりとくっつきますよ。
また、おしゃべりな猫とも言われ、人に話しかけるように鳴き、応じると喜ぶそうです。

とても運動量が多く、かまってあげないとイタズラをすることもあるため、よく遊んであげる必要がありますね。

⑤白黒

白と黒のまだら模様の猫です。
あるアメリカの大学が行った調査で、2色の毛色を持つ白黒猫は、見知らぬ人にも友好的だったという結果が出ています。

また、動物の進化の過程で、人間と関わり、家畜化・ペット化し、人懐っこくなるほど白い毛の部分が多くなるという研究結果もあるそうです。
つまり、人懐っこい黒猫の黒い毛と、猫が人と暮らすようになって出てきた白い毛の両方を持つ白黒猫は、フレンドリーな性格になりやすいことが考えられますね。

⑥ロゼット(ヒョウ柄)

ロゼットとは、ベンガルという猫種の模様の一種で、濃淡2色の斑点模様が特徴です。
猫の斑点模様のことを、「スポテッドタビー」と言いますが、その中でもロゼットは、「ザ・ヒョウ柄」といった感じですね。
カラーもブラウン・シルバー・スノー(白)など様々あります。

イエネコとベンガルヤマネコの血を引いているため、見た目はワイルドで運動量もかなり多く、やんちゃで活発です。
「そんなワイルドで懐くのかな?」と心配になりますが、人懐っこく甘えん坊な性格で、おしゃべり好きだとか。
ただし、縄張り意識が強い傾向があり、飼い主以外には懐きにくい子もいるようです。

⑦無毛(スフィンクス)

柄というよりも毛のタイプになりますが、スフィンクスのような毛のない品種は、人懐っこい子が多いと言われます。

スフィンクスは、子犬のように懐っこいと言われる、「デボン・レックス」という猫種の血を引くため、性格はとても甘えん坊で、飼い主に忠実だそうです。
元気で頭が良いタイプなので、ちょっぴりイタズラもしちゃうかも。
社交的で活発でもあり、家族への愛情が深く、他の動物とも仲良くできますよ。

体を守る毛がないため、気温の変化やケガなどに気をつけなければなりませんが、明るく楽しい性格の無毛猫も魅力的ですね。

まとめ・・・動画で観る

やんちゃで活発で人懐っこいタイプの猫たちをご紹介しましたが、今回出てこなかった猫が懐かないというわけではなく、出てきた猫が必ずしも懐きやすいというわけでもない、ということを、猫好きさんなら当然ご存知ですよね。
猫の性格には、育った環境や人の接し方、相性なども関係しますので、どんな毛柄であろうとそれぞれの性格に合わせることが大切です。

それぞれの猫たちを動画で観るならこちら👇です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました